FC2ブログ
毎日コメントや「拍手」をありがとうございます。読者の優しさが記事を書く原動力になっています。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

* 新着ニュース *


■新着ニュース
 ・06-28  ※豪ドル円 レンジブレイク(06/28)
 ・06-28  ※ポンド円 レンジブレイク(06/28)
 ・06-28  ※ユーロ円 レンジブレイク(06/28)
 ・06-28  ※ドル円 レンジブレイク(06/28)
 ・06-23  ※豪ドル円 レンジブレイク(06/23 11:14)
 ・06-23  ※ポンド円 レンジブレイク(06/23 11:06)
 ・06-23  ※ユーロ円 レンジブレイク(06/23 10:56)
 ・06-23  ※ドル円 レンジブレイク(06/23)
 ・06-20  ※ユーロドル レンジブレイク(06/20 11:20)
 ・06-20  ※豪ドル円 レンジブレイク(06/20 11:14)
 ・06-20  ※ポンド円 レンジブレイク(06/20 10:59)
 ・06-20  ※ユーロ円 レンジブレイク(06/20 10:50)
 ・06-20  ※ドル円 レンジブレイク(06/20)
 ・06-17  ※ユーロドル レンジブレイク(06/17 11:35)
 ・06-17  ※豪ドル円 レンジブレイク(06/17 11:30)
 ・06-17  ※ポンド円 レンジブレイク(06/17 11:22)

 


おはようございます。
早速ですが、本日より6日まで都合によりまして
記事の更新をお休みいたします。


本日より相場が動くと思われます。
相場は「豪ドル/ドル」過去最高値更新、「ドル/スイス」過去最安値更新という状況が続いており、
日本人に馴染みのドル円が過去最安値更新する可能性がある年になるのかもしれません。


日本人は習性として「買い」と「逆張り」を好む民族のようですが、
相場において長く生きるコツは「トレンドフォロー」だと思います。


「トレンドフォロー」とは単純に相場の流れに従う事です。
今の「豪ドル/ドル」でいうと過去最高値を更新するほどの勢いがあるのだから
その流れに従って「買い」戦略するのが相場と友達になる事だと思います。


これは「高値」を買う事になるので一見怖い戦略になりますが、より高い所で売れば
儲けが出るので決して間違った戦略ではありません。


ましてや「過去最高値更新」という超強気のシグナルが出ているのですから
目を瞑って流れに従う。


といいつつ、この戦略だと「4勝6敗」になるかもしれません。
しかし、「損小利大」にすればトータルでは儲けが残る事になります。



私たちは利食いは早く、損きりは遅くが「普遍の心理」なので
少しでも耐えて利食いが大きくなるように精神を鍛えていきましょう。


それが出来ない人は「損きり絶対」にしつつ、勝率至上主義に走りましょう。
「7勝3敗」が一つの目安になります。今年も頑張りましょう。
スポンサーサイト

FX初心者さん、いつもコメントありがとうございます。
ちなみに「ポンド円」ではなく「ユーロ円」でしたか・・・!


どう見てもポンド円の133.30付近では上値が意識されるとは思えないので
おかしいとは思ったのですが・・・!


ユーロ円の113.30付近に関しては113.30付近で何度も止められているので
とりあえず、「売り」を仕掛ける人が多いのではないかと思います。
ただし、ユーロ円はドル円とユーロドルの合成値なのでユーロドルの動くには注意が必要です。
ユーロドルは1.3000の攻防に注視です。




今後のポイントは、113.30を上抜けてくると113.50超えあたりにストップロスが多数控えていると思うので
一気に急上昇する可能性が高いので注意が必要です。


さて質問の内容ですが・・・
>買いは怖いので常に「売り場」を探している次第です。
とのお話しですが、良かったら理由を教えて頂けないでしょうか?
 
 
私は逆に、買いの方が好きです。出来れば、月曜日に買った豪ドル円を、利が乗った状態で金曜日に決済したいです。なぜかスワップが好きです。



FX初心者さんもボチボチ分かると思うのですが、買い相場と売り相場では相場変動のスピードをどのように感じるでしょうか!?


全てとはいいませんが、買いはコツコツ上昇して売りは一気に下落する。
この場合、効率を考えると「買いより売り」の方に妙味があると思うプロが多く、為替ディーラーなどは
買いより売りを好むと言われています。実際に売り派が多いです。


ましてや、前回の話は「ポンド円」だったのでポンド円は通貨の中で最も
相場変動率が激しい通貨です。どうせ激しい通貨に手を出すならコツコツの買いより
一気に下がる売りを仕掛けた方が儲けやすいのではと思うプロが多数いる事を覚えておいてくださいね。


だから、私も為替ディーラーも下げ相場は得意で上げ相場は苦手ですね。
ちなみに為替ディーラーは「スワップ」は考慮せず、為替差益のみの収支を常に考慮していると思います。


ちなみにプロ達は何の通貨に手をだしているかというと
現状では「ユーロドル、ポンドドル、ドル円」となっています。(日本の為替ディーラー)


プロ達は俗にいう「ドルストレート」を好むようですよ。
最後に私は9割は売りから入っています。残り一割は買いから入りますが、
その場合は一番強い通貨の買いを仕掛けます。



今後も宜しくお願いします。
FX
ブログパーツ